*

クラシアンのキャンペーンって?

トイレが古くなって修理も結構かかるらしいんすよ。 便器にも寿命があってだいたい10年だとか。確かにかなりの年数が経ってるからしかたない。でもトイレっていくらくらいするんだよ?

と思ったら、ウォシュレットタイプでだいたい10万円以上はするんだね・・・高けー! 悩むな・・・ でも節水タイプなら何年後かには得をするはず・・・だよね? どうせならウォシュレットがいいし。 ちなみにTOTOの商標だから温水便座っつーらしいぞ。

便器を通販で買えば休んじゃ? と思い、トイレリフォームによると、確かに時間はかかるし男一人じゃきつい。何よりも、余った便器の処理方法がわからん!!

だったらトイレ交換の業者にやってもらった方がトータルのコスパが良いと思うんだが・・・

そこで候補に入っているのが、サンリフレやクラシアン。 便器を買うだけならサンリフレかな。 でも設置まで頼むならクラシアンかも。

クラシアンの場合は、あれだなキャンペーンがあるから少しは安くなるのかも? いやいやパチンコ屋みたいに、いつもキャンペーンなんじゃね?

まぁ確かにツイッターをチェックしてもトイレをそうそう替えてる人もいないからあまり参考にはならないか。ん~。クラシアンの評判を見るとますます悩むな。

例えば蛇口交換を依頼する場合。家では一般的なタイプのキッチン用シャワー水栓を使ってるけど、折角だから人気の水器内蔵型のタイプに交換してみるとか。 水栓一体型の浄水器のメリットは通常の水栓と変わらないサイズだからジャマにならずに浄水器がつけられること。きれいな水を飲むのはもちろん、ペットや料理にも使えますからね。

きよまろとか有名だけど、蛇口だと水量の問題があるので大量に使う場合は大容量の据え置き型や直結型かなぁ。

ある日、浴室の水栓からポタポタと水漏れ・・・まぁ古いからね。 でも古すぎて交換の部品がない・・・ ということでお風呂は浴室用シャワー水栓に交換する人が多いとか。部品作ってよ、メーカーさん。 でも最近のは便利で、台付のサーモスタット付きシャワー水栓、TOTO製の浴室用シャワー水栓GGシリーズ(TMGG46E)はいいね。

台付きタイプの水栓は、浴槽にも洗い場にも利用されることが多いため、こちらのシリーズではスパウト部分がやや長めの300mmになっています。シャワーの部分は、肌当たりのやわらかいエアインシャワーです。水に空気を含ませているため、通常のシャワーよりも節水・節湯になります。最近の水栓金具は、どんどん使いやすくなり、省エネの機能もアップしていますので、古くなったものを我慢して使うより節約に繋がる場合があります

。 快適になって、環境にもお財布にもやさしいなんてうれしいですよね!